2013年03月

2013年03月27日

私はツイッターでも、ちょこちょこつぶやいていますので参考にしていただければと思います。


ネットワークビジネス考察@networkbizmlm


このツイッターで様々な人とやり取りしているのですが、今回少し気になったことが、、、。


ツイッターを含むSNSにも、ネットワークビジネスしている人がたくさんいます。


それはそうですよね。ネットワークビジネスに関わる人は数百万人とも言われていますのでSNS内におられることも当然かと思います。


SNSを通じて勧誘している人もおられます。


そして、気になったこととは、、、。


それはトップディストリビュータでさえもほとんど自分のビジネス名を書いていない。


そして、ライフスタイル自慢をしているケースなどもあります。ビジネス一般について言及している場合もあります。


うーん。やっぱり寂しさを感じます。それでいいのか?と。他の業界だったら普通に書きます。それは自分のビジネスに誇りを持っているからでもあります。


だから、ネットワークビジネスしている人が一番、「ネットワークビジネスに対して自信を持っていないのではないか?」と感じるのです。もちろん、ビジネス名を出したら嫌われる可能性があるのでそれが嫌なのは分かりますけど、、、。


ネットワークビジネスしている人がビジネス名を隠して(隠しているという自覚はないかもしれませんが)、ライフスタイルとかビジネスの話をしているのを外から見ると、、、。


「肝心なことは隠して自慢している」と見られても仕方ないですよね。ネットワークビジネスについてあまり良く思っていない人だと「汚いやり方だ」と感じるケースも多いかと思います。


業界が嫌われて久しいのですが、トップディストリビューター自身が嫌われるような要因を作っていることもあり、、、この業界が嫌われなくなるということは今後も無いと私は思います。


やっぱりそれで飯食っているんだから、せめて自分の会社名ぐらいは出そうよ。トップディストリビューターが嫌われるような要因を作るの辞めようよ。


と感じた今日この頃でございます。


今回はネットワークビジネス嫌い(?)な方に「あの人○○やっている人だよ」と連絡を受けて感じたことです。


ネットワークビジネスを頑張っている、あなたはどう感じたでしょうか?今後もこの業界が良く言われる可能性は非常に低いと思います。現在進行形で嫌われる要因がたくさん作られています。


それでもやりますか?このビジネスは相当な覚悟がないと成功は難しいと私は思います。



tmsnettmsnet at 09:00│コメント(6)トラックバック(0)ネットワークビジネスに対する考え全般  |

2013年03月26日

本日、インターラッシュ関係の訴訟の話をブログに書きました。


「<海外投資話>米ネット会社を提訴 連邦地裁に日本人13人」、インターラッシュの件について
http://mlm.ldblog.jp/archives/51837986.html


この会社のトップ会員の1人と思われる北村圭司氏がブログ休止宣言しました。ブログの中では「還暦を前に一度閉鎖しようと思っていたので、、、」と意味不明な理由を書いていますので急な閉鎖と考えるのが自然かもしれません。これはご想像にお任せします。


あと、3月17日の記事を見ると「昨日の大阪セミナーを持って、『マーティー全国縦断セミナー』は、終了しました。」とあります。セミナーも終わるのでしょうか?


その前に仙台では500名もの参加があったらしいのですが、、、。うーん?


そして、最終のブログを見ていただければと思いますが、びっくりな内容で終わっています(ブログ自体が無くなる可能性も否定できないのでチェックしたい人は早めにどうぞ)。


見ていただければ分かりますが、、、。


「今に見とれ−ネットワークビジネスを利用した男」という本の案内。


最後の記事を見て、あなたはどのように感じたでしょうか?


私は、、、。(ご想像にお任せしますが、最初は告発本かと思ったのだ)


<休止になったブログ>
今に見とれ
http://www.webrush.net/takokeiji-2



その他参考:
インターラッシュ(INTERUSH)
http://www.interush.com/jp/

インターラッシュポータル(INTERUSH PORTAL)
http://interush.net/

インターラッシュアフィリエイトプログラムのお知らせ(会員が作った勧誘サイト?)
http://interushbiz.web.fc2.com/


<以下、アンチ情報>
interush@wiki
http://blog.livedoor.jp/interush_wiki/

Interush 会員Yさんへのレス(てくてく糸巻き)
http://blog.ptlabo.net/index.php?id=08060046

【詐欺】インターラッシュそ8【訴訟中】(2ちゃんまとめサイト)
http://mlm2.ldblog.jp/archives/26050195.html


注記:上記interush@wikiの中で、訴訟詐欺があると書いてありました。「訴訟のためのお金を集める」という類の話には注意してください



tmsnettmsnet at 17:45│コメント(1)トラックバック(0)インターラッシュ(INTERUSH)  |
毎日新聞の記事に「<海外投資話>米ネット会社を提訴 連邦地裁に日本人13人」とありました。


新聞記事内には書いてありませんが訴えられている会社「インターラッシュ」はネットワークビジネス(マルチ商法)の会社だと思います(何でマルチ商法と書いていないのだろう?)。


そう言えば、最近勧誘が来ないのですが、今は下火なのでしょうか?数年前は勧誘がちょこちょこあったように記憶しています。もう捨てたと思いますが、何人かの方からビジネス案内のCDもらいました。


勧誘の場で株式上場などの話もあったようで、その点ではかなり危ういと感じたビジネスです。
(上場話などはお金を出させる口実だと思ったほうがいいでしょう。ネットワークビジネス本業だけで成長できない会社が使う手段でして、本業がしっかりしていたらそのような話は必要ありません)


今後、どのような展開になるかは分かりませんが、、、。この会社の提供する商品を使っている人はかなり少ないと思われ、もしそうであれば実質ねずみ講に近い。そういった意味ではビジネス継続は難しそうなイメージです。


法律的に考えると、、、ビジネス自体は違法ではないと思いますが、勧誘の場では法律違反といわれても仕方の無い話も出ていたようで、そこを訴えられたのが今回の裁判なのでしょう。


正直言って、会社ぐるみという証拠が無い限りは勝つのは難しいと個人的には思います。もちろん、会社ぐるみということが認定されれば勝つ可能性もありますがどうでしょう?
(どこかで和解できれば良いでしょうが、、、)


また、この会社が海外であることから、クーリングオフなど日本の法律は適用されず投資金の回収は難しいと思います。記事内で有名な弁護士が「現地で訴訟した方が実態が分かり、資産を回収しやすいはず」とかコメントしていますが、、、。普通の人は無理ですよね。


過去にも同じような例も多数あり、投資系のネットワークビジネス(マルチ商法)に関わる際には、いろいろな点に注意したいものです。しかも、現在進行形で私の方に投資系ネットワークビジネスの情報提供や勧誘が入っており、正直言って「業界は何も変わっていない」という印象があります。


なお、相談窓口があるようですので記事内を参照ください。


こちらもブログも参考にすると良さそうでうす。記事内にもありますが「訴訟のためのお金を騙し取る詐欺」が二次被害として報告されているようですから、その点も十分に気をつけてください。


被害者窓口につきまして〜interush@wiki〜
http://blog.livedoor.jp/interush_wiki/archives/20540084.html



以下、新聞記事全文です。

(記事ここから)
米カリフォルニア州のインターネット関連会社「インターラッシュ」が、「米国市場に株式上場する」とかたり株の配分を約束して不当な会員料を支払わせたとして、日本人13人が同社や実質経営者の日本人らに計40万ドル(約3700万円)の損害賠償を求め現地の連邦地方裁判所に提訴したことが分かった。近く9人が追加提訴し、賠償請求額は200万ドル(約1億8500万円)になる見込み。日本の消費者が海外で民事提訴するのは珍しく、専門家は「消費者トラブルが国際化する中、今回の訴訟が被害者救済の試金石になるのでは」と指摘する。【黒田阿紗子】

 訴状などによると、福岡の30代男性会社員は05年9月ごろ、国内で開かれた同社関係者によるセミナーに参加。1口月額1万2000円のプロバイダー契約を勧められ「07年6月に株式公開予定で、その際5000万株が契約口数に応じ配分される」「株を売れば5000万〜1億円になる」と説明を受けた。男性は4口契約し会員となり、その後も親族名義で口数を増やすなどしたが、上場はなく、12年11月までに約1300万円をだまし取られたとしている。

 インターラッシュは03年設立。ホームページによると、会員にIP電話サービスやネット英会話教室などのウェブコンテンツを提供している。男性の代理人で米国で活動する梶岡敦弁護士によると登記上の社長は米国人だが、運営主体は複数の日本人。会員の紹介で入会できる仕組みで、台湾や香港でも同様の手法で会員を増やしたという。解約すると株を受け取る権利が消滅するため会費を払い続ける人が多く、梶岡弁護士は「ネットを使えない高齢者も多数契約しており、消費者をだますためだったことは明らか。被害額は数百億円になる」と話す。

 同社は11年1月、会員向けホームページで契約が3カ国・地域計5万口に達したことを報告。一方で「上場が確実にできると決まったわけではない」と掲載した。同社のジェームス・リー顧問弁護士は「訴状の内容は間違い。詐欺行為に関わったことはない」としている。

 消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「海外を拠点にする狙いはブランドイメージを上げ、摘発を逃れやすくすることなどが考えられる。現地で訴訟した方が実態が分かり、資産を回収しやすいはず」と話す。

 インターラッシュに関する相談は被害者の会(080・3341・6756)へ。
(記事ここまで:毎日新聞 3月13日(水)15時0分配信)

tmsnettmsnet at 09:04│コメント(0)トラックバック(0)新聞や週刊誌などの記事より | インターラッシュ(INTERUSH) |
(運営からの指摘があり、12月15日に一部の内容を削除しました)


<動画でも確認ください→ニューウエイズの勧誘を断る方法


これまでネットワークビジネスのお誘いを断る方法をいくつか書いてきました(その1その2その3)。


ネットワークビジネス肯定派の私がネットワークビジネスを断る方法を書くことに疑問を感じる方もいるかもしれませんが、強引な勧誘などビジネスする気が無い人への勧誘はするべきでないという立場なので書いています。やはり苦情の多い業界でして、ネットワークビジネスしている方は不満かもしれませんがご了承ください。


そして、今回は個別のビジネスとしてニューウエイズの勧誘を断る方法を書いてみます(繰り返しになりますがニューウエイズが嫌いなわけではありません)。


これまでに書いたアムウェイを断る方法ニュースキンを断る方法フォーデイズの勧誘を断る方法と同じような話ができるかと思います。


まず、第一点目に「商品が高くて欲しいと思わない」ということを理由に挙げればいいかと。そして、「自分が欲しいと思わない商品でビジネスするなんてあり得ない」ということで断ればいいかと思います。これが一番分かりやすい。(変に理屈こねて議論するのは時間の無駄だし、相手に付け入るすきを与え、話がこじれる原因になります)


ビジネスしている人は最低でも1万円以上を購入しているかと思います。これは食費などの生活必需品の出費だけではなく健康食品などが主なので現在の生活から追加の出費になる部分も多いわけです。だから、「高い!無理、無理、絶対無理。生活できない」と断ればいいかと思います。

(グループによってはタイトル取得のために最初に数十万円の買い込みをするらしいので特に注意!ネットワークビジネスで在庫を持っても成功しません)


もしかしたら「紹介すればコミッションが出るので実質安くなる」といった言い方をするかもしれませんが、「でも私が紹介した人が困るからそんなことできない」と言って断ればいいでしょう。


また、最も肝心なのはABCや説明会には絶対に行かないということ。「あなた以外の説明は受けない」ということにしてください。「今は説明できない。説明できる人から聞いて欲しい」と言われても、「だったらあなたが説明できるようになったら聞くよ」ということで終わらせてください。


たまに友達を救い出すために説明会やABCに行こうとする人もおられますが、説得のプロの人達に勝つのは無理です。また、たくさんの人に囲まれて説得されるのは大変です。正直無謀かと。また、友達もアップの人達は上司みたいなものでして、あなたが困っていても見てみぬ振りをする可能性が高いです。いくら理論武装しようとも、断る自信があったとしても、そういった場に行けば嫌な気分になる可能性が高いので絶対に説明会やABCはお断りしてください。

(これは私の経験談です)


そして、相手はあの手この手で議論に持ち込もうとするので、議論に付き合わないことが大切。「高いから商品いらない」「あなた以外の話は聞かない」程度で終わらせて、まともに議論しないようにしてください。断る前提で議論に付き合えば、嫌な気持ちになることは確実です。



あとは申告収入(収入ではなくて所得)を聞くという裏技も書きましたが、これはちょっと難しいかもしれませんね(所得の知識が多少は必要かも)。使えそうな人は使ってください。普通に黙ります。だって、ネットワークビジネスしている人のほとんどは確定申告しておりません。ビジネスしているならば当たり前の確定申告さえもしていないので、そのレベルでは困るということでお断りすることが可能です。



あと、会社自体の売り上げがかなり落ちていることも材料にできるかと思います。詳しくはニューウエイズの売り上げ推移を確認いただければ分かりますが2009年からどんどん売り上げが下がっています。ですから、「あなたみたいに凄い人やあなたの尊敬するアップやその人が尊敬する凄い人達が頑張っても売り上げが落ちている。普通の自分には無理」と言って断るといいでしょう。

(相手を持ち上げて気持ちよくなってもらいつつ断る。これってうまい方法では?)


現実には2008年に特商法違反で3ヶ月の業務停止命令を受けたのが痛かったかと思います。それ以降は売り上げが落ちてきています。先のデータにもあるように、その落ち込みがかなり急ですから(毎年10%以上)、このままいくと会社の存続さえも危ういというのが個人的な印象です。

(もちろん、どこかで安定する可能性もあります)


また、オークションでもかなり多く出品されていますので、「商品欲しいと思わないけど、どうしても商品が欲しかったら値段の安いオークションで買う。私と同じように考える人も多いのでビジネスとしては考えられない」と答えても良いかもしれません。

参考:ニューウエイズ商品(ヤフオク)


個人的には他のビジネスと比べてもマイナス材料が多い印象で消費者として商品を買うならまだしも、ビジネスするには厳しいと感じます。恐らくはどこかで底を打つと思いますのでチャンスという考え方もできるのでしょうが、、、。そこはあなたも考えてみてください。


なお、断った後は半年もすれば、恐らくはトーンダウンしています。(ほとんどの人は収入取れませんので)


そこでビジネスを諦めているようでしたら手を差し伸べてあげて、それまで疎遠になっていた分を取り戻していただければと思います。


冷たい言い方かもしれませんがネットワークビジネスしている時には多少なりとも人が変わっている場合があり、頑張っている時には近づかない方がいいかもしれません。

(ネットワークビジネスに限らず、人はビジネスするといい意味でも悪い意味でも変わりますので)


どうでしょうか?疑問点などありましたら気軽にコメントください。もちろん、ニックネームでOK。アドレスは不要です。


(その他参考)
アムウェイのタイトル別報酬額と考察も参考にしてください。アムウェイに限らず、ネットワークビジネス全般において、サラリーマンと同等の所得(収入から必要経費を引いた金額)は0.1%以下とかなり厳しい数字です。

当然、商売のプロとかとんでもなく凄い人がいる中(逆にやる気ゼロの人もいるけど)での0.1%ですのでかなり厳しい数字と言えます。


ニューウエイズを断る方法の動画もアップしました。

確認したい人はこちらのページからたどってください。→ニューウエイズの勧誘を断る方法(動画)をアップしました




tmsnettmsnet at 09:00│コメント(0)トラックバック(0)ネットワークビジネス(マルチ商法)の勧誘を断る方法  |

2013年03月25日

<1日1回クリック応援、他のブログも見て勉強してね→人気ブログランキング


ネットワークビジネスが嫌われる理由をたまに考察しています。以前は関わっている人数が多いからということを書きました。


今回は「誰にでもアタックする」ということについて書いてみたいと思います。


私がいろいろな勉強会や説明会に参加した感想としては、、、。


「成功するためには誰にでもアタックするべき」という思想がネットワークビジネス業界にはあります。そして、その成功事例を山のように積み上げて、説明会の場で話しています。もちろん、間違っているわけではありません。誰にでもアタックするというのは成功手法としては正しいと思います。ネットワークビジネスに限らず、ビジネス全般に正しいかと。


でもね、、、。


同じようにやればうまくいくと参加者は錯覚します。


はっきり言いますが、現場で同じ事をやるとほぼ嫌われる。


だって、説明会の成功事例の話を聞いていると無茶苦茶なものも多い。


新幹線で隣になった人に話かけたとか、、、。


同窓会で話かけたとか、、、。


いつも来ている宅配屋さんに声かけたとか、、、。


普通に考えて、他のビジネスではあり得ません。
(例えば保険営業などでは同じようなことをするかもしれませんが、やはりネットワークビジネスほどではないにしろ、同様に嫌われています)


これらの事例で成功した話を聞くかもしれませんが、実は本当はほとんど失敗しているのです。成功事例だけ聞くから、このような方法でも成功すると勘違いするかもしれませんが、現実の成功確率は10%にも満たないでしょう。そして嫌われているのです(鈍感力がある人は嫌われていることに気が付かないのでいいかも)


そして、これらがネットワークビジネスを悪く思われる原因の一つになっているかと思います。


それはそうですよね。冷静になって考えれば当たり前の話ですが、新幹線の隣の席になったぐらいの人にビジネスの話を持ちかけられたらうんざりします。同窓会の席でも同様。せっかく古い友人に会えて喜んでいる時にネットワークビジネスのお誘いが来たらがっかりします。そして、「この人は、このために同窓会に来たんだ」と思われることでしょう。


いろいろな成功事例はそれよりも圧倒的に多い失敗事例の上に成り立っているのですが失敗事例の話などしないでしょうから、これでいける!と思ってがんがん勧誘します。それがねずみ算式に増えるとネットワークビジネスを嫌う人がどんどん増えます。


結果、業界全体が嫌われるというのは必然の流れと思われます。


ネットワークビジネスが嫌われるのは「過去に間違った勧誘が行われていたから」とか「ねずみ講と勘違いされているから」とかいろいろ言われていますが、根本的にビジネスの構造が嫌われやすくなっており、現在進行形で嫌われる勧誘が続いているということなのです。それを変えようと思ったら説明会やセミナーの内容を根本的に変える必要があるでしょうがそれは無理かと。


だから、あなたが友人知人にネットワークビジネスを薦めるのであれば、それは嫌われる可能性もセットにして考える必要があります。


それでもやりますか?


嫌われてでもやりたいというのでしたら、私個人としては応援します。頑張ってください。


嫌われたくないしビジネスでは成功したいとか、、、中途半端なのが一番良くないと思います。ある程度は嫌われることも覚悟する必要があることでしょう。
(もちろん嫌われずに成功する方法もありますけどね。やはり、それなりに難しいです)


<1日1回クリック応援、他のブログも見て勉強してね→人気ブログランキング


ネットワークビジネス勉強会、交流会も参加してね。→勉強会、交流会状況、日程など


ネットワークビジネスで成功する方法はこちら→ネットワークビジネスで成功する方法の記事一覧


アフィリエイト勉強会の案内はこちら→アフィリエイト勉強会


このブログはライブドアがメインですが、アメブロにもミラーサイトを作りました。ライブドアはこちら。アメブロはこちらです。

tmsnettmsnet at 09:00│コメント(0)トラックバック(0)ネットワークビジネスに対する考え全般  |
ブログランキング
ネットワークビジネスを広く世間にしってもらいたい方は下記クリックをお願いします。そして、このブログが現在、何位なのか御確認下さい。
人気blogランキングへ



スポンサーリンク


業界誌を読もう

意外と買っていない人が多いですがビジネスするなら情報知る上で買った方がいいと思いますよ。ビジネスしていない私でさえ買ってます

(最新号はこちらで確認)
管理人について

名前:tmsnet
本業:パソコン関連
家族:嫁1人、子1人
趣味:パソコン、琵琶湖湖岸の散歩
星座:10月生まれてんびん座
住所:滋賀県大津市
問い合わせ:連絡フォーム

ツイッターもやっているよ
最近のコメント
被害相談関連リンク集

特定商取引に関する法律
連鎖販売(ネットワークビジネス=マルチ商法)に関する法律は第三十三条

国民生活センター
ネットワークビジネスなどで困った時の相談はこちら。

全国の消費生活センター
会って相談したい方は全国の消費生活センターへ

健康食品等の薬事法違反広告事例−京都府ホームページ
薬事法違反の範囲は以外に広いです。該当していないか確認しましょう

クーリングオフ代行
クーリングオフなどネットワーク
ビジネス解約に関する問い合わせ
に最適な行政書士事務所

借金女王
借金問題を解決したい人に読んで欲しいサイト。どんな借金でも解決できるはず。

ネットワークビジネス関連サイト

ネットワークビジネス推進連盟
業界の健全な発展を促進しようと国政レベルで活動する団体(民主党政治家が中心。政権取ってからすぐに献金問題などで休止に)


ネットワークビジネスワールド
ネットワークビジネス関連情報が豊富


月間ネットワークビジネス
業界NO1の月刊誌のサイト

株式会社エコプライム社長ブログ
楽しそうに仕事されています

その他、ネットワークビジネス頑張っている人のサイトリンク集
ネットワークビジネス頑張っている人のブログを見て刺激を受けたい方は見て下さい。また、相互リンク希望の方はご連絡下さい

アンチもしくはアンチ寄り

マルチ商法について−マルチ商法・ネットワークビジネス問題対策の広場
マルチ商法に関する相談掲示板。被害に遭った方はとりあえずここで相談すると良いかと思います。

悪徳商法マニアックス
悪徳商法全般のサイト。掲示板での議論が活発でMLMについても頻繁に出てきます。

NEW Kirinの掲示板2
健康食品や化粧品など
商品に関する知識はこちら

ネットワークビジネスリスク研究所
研究レポートがGOOD。

A-JOL関連
現在のユーワールドに対する批判ページ

腐れマルチニューウエイズが嫌い
アンチNWの方のブログ

逆アクセスランキング

アクセスランキング
訪問者

<PR>