2014年06月05日

「ライフバンテージジャパンの会員2名が薬事法違反の疑いで逮捕された」という話を前日の交流会の前に聞きました。訪販ニュースだっけ?新聞記事もあるらしいです。

ただ、扱いが小さいような感じ。ヤフーのニュースなどでも出てきません。全国大手マスコミは報道していないということでしょう。


検索した結果としてはこのサイトが詳しく書いているので参考にしてください→ライフバンテージのプロタンディム

(上記のサイトで紹介しているライフバンテージ社のコメントは今は消えているように思います)


ここで気になるのは警察が動いているということです。


普通は、会員の活動に薬事法違反などの疑いなどがある時には会社に指導が入り、それでも改善しない場合には何らかの行政処分(数ヶ月の営業停止など)という手順を踏むと思います。そして、場合によっては問題のある活動をしている会員の逮捕に至る場合もあるという程度。


でも、今回はライフバンテージ社への行政処分はなく、いきなり会員の逮捕という形です。


何故このような形になったのかは分かりませんが、恐らくは何らかの健康被害が出たのではないかと思います。それによって、警察に被害届が出たのではないでしょうか。(基本的に警察は通報ぐらいでは動かない。被害届が出て、それが受理されて初めて動くと思います。)


もしかしたら、複数の被害届が出たのかもしれません。


例えば、病気の人に「医者に行っても治らない。この商品を飲めばいい」ぐらいのことまで言ってしまったのでは?そして、その人の症状が悪くなってしまったのでは?そして、被害届が出たというのが私の推測。


それによって説明会資料などが押収され、明らかに薬事法違反ということで逮捕にいたったのではないでしょうか?

でも扱いが小さいので不起訴処分とかもあるのかもしれません。

(あくまでも推測なので完全に間違っている可能性もあります。その辺りはブログを読まれる方の判断にお任せします)



今回の話に限ったことではありませんが、ネットワークビジネスしている人から話を聞くと、その商品が万能で何でも治るように話をする人がいます。でも、現実にはあくまでも健康食品であり、基本的には病気にならないための予防です。病気になった人を治したり、症状を和らげるものではありません。


もちろん、ネットワークビジネスの商品を使うことによって、良くなった方もいるかもしれませんが、たまたまかもしれませんし、他の治療が威力を発揮したのかもしれません。因果関係は統計的に見なければいけないものを、いくつかの症例だけで判断するというのは大変危険なのです(特に素人が語るのは危険)。


というか因果関係があろうとなかろうと(効果があるとしても)、健康食品という分類であれば、「病気が治った症例がある」という話をするだけでも基本的には薬事法違反になります。これは体験談でも同じでして、相手に医薬品(病気が治るかもしれない商品)と判断させた時点、あるいは判断させる可能性がある説明をした時点で法律違反でしょう。


現実には、程度の差はあっても、数多くの薬事法違反が現状でも多く見られるので注意ください。


また、健康食品としての話をしているとしても、見当違いの話をしている場合もあります。


例えば、骨を強くするためにはカルシウムとビタミンを飲めば良いとされていますが、骨折した後にいくらカルシウムを飲んでも骨折は治癒しません(多少は効果あるかもしれないけどね)。まずはお医者さんの治療が必要なのです。これは極端な例かもしれませんが、ネットワークビジネスの現場では「骨折して足が痛い!」と言っている人に「医者は信用できない。とにかくまずはカルシウム!」みたいな感じで薦めているようなケースが多くあるように感じます。


これが単なる素人が語るということならば仕方が無い部分はあると思いますが、ネットワークビジネスでビジネス登録した人は健康食品を販売する事業主であり、法律上、素人ということは認められません。商品を売るつもりがあろうがなかろうが商品を語る時には薬事法は遵守しないと駄目なのです。

(消費者のつもりで登録していても駄目ということ)


そうしないと最悪、今回のような逮捕に至ることもあります。

健康食品を伝えるということが、責任が重い仕事であるということをしっかり認識してください。


スポンサーリンク
tmsnettmsnet at 16:15│コメント(2)トラックバック(0)ライフバンテージジャパン | 薬事法

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しさん@どっと混む   2016年05月17日 06:32
新たなセールストークが命取りになるプロタンディム

ライフバンテージ ジャパンが販売するプロタンディムの製品説明に、再び暗雲が立ち込めている。
米国オリジナルのProtandimはアシュワガンダを含むが、それを差し替え日本国内で販売するプロタンディムについて、「同等性が証明されている」との商品説明が行われている。これは無承認無許可医薬品と同等であることを意味しており、承認前の医薬品等の広告の禁止した医薬品医療機器等法に違反する可能性が高い。このような販売行為を続けていたら、二度目の逮捕者が出るのではないかと危惧される。

米国Protandimにはアシュワガンダが含まれていて、日本で承認前の医薬品として広告と販売が禁じられている。それをあえて「日本のプロタンディムは同等性が証明されている」と説明するのは、「承認前の医薬品と同等」というのと同じで、これは法令に反する行為となる。

このようなセールストークを続けていて問題とならないのだろうか?
ライフバンテージジャパンでは、2013年4月に法令違反で逮捕者が出ているのに、再び逮捕者がでたらダメージは大きい。
2. Posted by 雲のジュウザ   2016年07月05日 20:16
逮捕の理由は、前年(2012年)まで個人輸入していたアメリカ版プロタンディムを販売してしまった事が直接の原因。

アメリカ版には医薬品指定されたアシュワガンダが使われているので、処方箋無し、薬剤師の資格も無し・・・と言う事です。

ライフバンテージジャパン事務所へのガサ入れは、バンテージ新聞を証拠として押収するのが目的でしたが、証拠は見つからず断念しました。

警察で教えて貰った事です。

裏を取らずに、想像で他社の汚点を書きまくる皆さんも、どうかと思いますよ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログランキング
ネットワークビジネスを広く世間にしってもらいたい方は下記クリックをお願いします。そして、このブログが現在、何位なのか御確認下さい。
人気blogランキングへ



スポンサーリンク


業界誌を読もう

意外と買っていない人が多いですがビジネスするなら情報知る上で買った方がいいと思いますよ。ビジネスしていない私でさえ買ってます

(最新号はこちらで確認)
管理人について

名前:tmsnet
本業:パソコン関連
家族:嫁1人、子1人
趣味:パソコン、琵琶湖湖岸の散歩
星座:10月生まれてんびん座
住所:滋賀県大津市
問い合わせ:連絡フォーム

ツイッターもやっているよ
最近のコメント
被害相談関連リンク集

特定商取引に関する法律
連鎖販売(ネットワークビジネス=マルチ商法)に関する法律は第三十三条

国民生活センター
ネットワークビジネスなどで困った時の相談はこちら。

全国の消費生活センター
会って相談したい方は全国の消費生活センターへ

健康食品等の薬事法違反広告事例−京都府ホームページ
薬事法違反の範囲は以外に広いです。該当していないか確認しましょう

クーリングオフ代行
クーリングオフなどネットワーク
ビジネス解約に関する問い合わせ
に最適な行政書士事務所

借金女王
借金問題を解決したい人に読んで欲しいサイト。どんな借金でも解決できるはず。

ネットワークビジネス関連サイト

ネットワークビジネス推進連盟
業界の健全な発展を促進しようと国政レベルで活動する団体(民主党政治家が中心。政権取ってからすぐに献金問題などで休止に)


ネットワークビジネスワールド
ネットワークビジネス関連情報が豊富


月間ネットワークビジネス
業界NO1の月刊誌のサイト

株式会社エコプライム社長ブログ
楽しそうに仕事されています

その他、ネットワークビジネス頑張っている人のサイトリンク集
ネットワークビジネス頑張っている人のブログを見て刺激を受けたい方は見て下さい。また、相互リンク希望の方はご連絡下さい

アンチもしくはアンチ寄り

マルチ商法について−マルチ商法・ネットワークビジネス問題対策の広場
マルチ商法に関する相談掲示板。被害に遭った方はとりあえずここで相談すると良いかと思います。

悪徳商法マニアックス
悪徳商法全般のサイト。掲示板での議論が活発でMLMについても頻繁に出てきます。

NEW Kirinの掲示板2
健康食品や化粧品など
商品に関する知識はこちら

ネットワークビジネスリスク研究所
研究レポートがGOOD。

A-JOL関連
現在のユーワールドに対する批判ページ

腐れマルチニューウエイズが嫌い
アンチNWの方のブログ

逆アクセスランキング

アクセスランキング
訪問者

<PR>