ビズインターナショナル

2011年07月04日

とうとうフレパー・ネットワークス社の社長が
詐欺容疑で逮捕されるようです。
(何故だか会社名が書いて無いのですが)


前回のブログでも書きましたが仮想都市
(エクシングワールド)の開発意思が
無かったとの判断を県警がしたものと
思われます。

数百億のお金を集めて数億円しか使って
いなかったのですから、そのような判断を
されても仕方ないかもしれません。

また、お金が足りなかったと証言している
ということは集めたお金の他への流用が
あったとも言えます。

ともかく、ビズ社だけでなく、フレパー・
ネットワークス社もかなり厳しい状況に
なったことは間違いないようです。



以下、記事全文。

毎日新聞 7月3日(日)
インターネット上の仮想都市への投資話で
会員を集めた「ビズインターナショナル」
(さいたま市)を巡る事件で埼玉県警は、
仮想都市の開発を請け負っていたIT会社
(東京都港区)社長、宮之内誠人容疑者
(53)=金融商品取引法違反容疑で逮捕=
を詐欺容疑で近く再逮捕する方針を固めた。
捜査関係者への取材で分かった。100億円
以上を集めた投資話は詐欺事件に発展する
見通しとなった。

 ビズ社の社長(47)については「低機能の
パソコンでも仮想都市に入れる」などと言って
会員を集めたとして特定商取引法違反(不実
の告知)容疑で立件する方針。

 捜査関係者によると、宮之内容疑者は08〜
09年にかけて、仮想都市で使うアイテムを開発
販売するファンド「コンテンツ・アイテムファンド
1号」に出資すれば収益の分配を受けられる
などと、うその勧誘をして出資させたとしている。
宮之内容疑者は毎日新聞の取材に「仮想都市
の開発費が足りずファンドを作って金を集めた」
と話していた。

 ビズ社は仮想都市の開発を宮之内容疑者に
依頼する一方、マルチ商法で「仮想都市で土地
取引ができる」と会員を募り、07年6月〜09年
10月に2万人超から約100億円を集めた。
【飼手勇介】


<仮想都市事件>詐欺容疑で再逮捕へ…開発のIT会社社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110703-00000006-mai-soci

当ブログのビズインターナショナル関連の記事
http://blog.livedoor.jp/tmsnet/archives/cat_50036525.html

tmsnettmsnet at 23:00│コメント(0)トラックバック(0)

2011年06月15日

またまたビズインターナショナル関連です。

フレパー社は仮想空間エクシングワールドを
実際には作っていなかったようです。

千代田区の会社になる投げ。しかも費用は
一部しか充当していなかった。

説明では、「フレパー社は開発力があるので
絶対に実現できる」なんて言っていましたが
丸投げでは全く話になりません。


となると開発の意思が無いということで
詐欺容疑での立件の可能性もあるかも。

今後も目が離せないです。

以下、記事全文。


(毎日新聞 6月14日(火)22時27分配信)
インターネット上の仮想都市への投資話で会員を
集めた「ビズインターナショナル」(さいたま市
大宮区)を巡る事件で、14日逮捕された取引
会社社長、宮之内誠人容疑者(53)らが、仮想
都市開発費としてビズ社から受け取った二十
数億円のうち数億円しか開発費に充てていなかった
ことが、捜査関係者の話で分かった。埼玉県警は、
資金の流れの捜査を進めると共に、宮之内容疑者
やビズ社に開発を実現する意思があったか調べている。

 宮之内容疑者は、無登録で、仮想都市関連の
ファンドへの出資を募ったとする金融商品取引法
違反容疑で14日逮捕された。

 ビズ社は「新会員獲得でボーナスがもらえる」などと
マルチ商法の手口で全国の約2万6000人から100
億円を集めたとされる。同社と宮之内容疑者の説明
によると、この100億円のうち、会員勧誘報酬などを
差し引いた二十数億円が開発費として、宮之内容疑者
が社長を務めるIT会社「フレパー・ネットワークス」(港区)
に渡ったという。

 しかし、捜査関係者によると、フレパー社は仮想都市
の開発を千代田区の会社に丸投げ。数億円しか支払っ
ていないうえ、具体的な契約書はなく、基本合意がある
だけだったという。

 宮之内容疑者は、毎日新聞の取材に「(千代田区の
会社への委託は)仮想都市の一部だけ。オースト
ラリアの会社からエンジニアを日本に呼んで開発している」
と話していた。仮想都市は「土地取引や広告収入で
必ずもうかる」とのふれこみだったが、09年10月の一部
開設時に土地取引などができる機能はなかった。県警は、
ビズ社とフレパー社について10年5月、特定商取引法
違反(不実告知)容疑で家宅捜索している。
【飼手勇介、平川昌範】


<仮想空間事件>開発費数億円のみ 受領は二十数億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000116-mai-soci

tmsnettmsnet at 20:44│コメント(0)トラックバック(0)

2011年06月14日

久しぶりにビズインターナショナルの話題です。

詳しくは一番下の引用記事にありますが、
逮捕者が出ました。


ビズインターナショナルに続き、フレパー・
ネットワークス社にも捜査の手が及んでいたようです。

ビズインターナショナルがマルチ商法にてお金を
集め、そのお金を使ってIDR経由でフレパー・
ネットワークス社に仮想空間エクシングワールドを
依頼していました。


これまではフレパー・ネットワークス社は「違法な
勧誘でお金を集めていたのは知らなかった」と
いう言い分でマルチ商法関連の容疑は
逃れていたかと思いますが、

今回は一歩踏み込んでMITやフレパー・ネット
ワークス社に捜査が入っています。

以前は記事にもフレパー社の名前はほとんど出て
こなかっただけに今回はちょっとびっくりです。
警察がかなり頑張ったようです。


ただ、フレパー社はマルチ商法に加担して
いたわけではありませんのでマルチ商法
関連の法律で取り締まるわけにはいきませんし、
ほとんど進んでいないとは言え、エクシング
ワールドもちょっとは形を作っていますので
詐欺容疑(お金を出させるだけで何も作って
いない)での立件も難しい、ということでファンド
への投資に目を付けて金融商品取引法違反
(無登録営業)容疑ということになったのでは
ないかと思います。

ただ、金融商品取引法違反ということであれば
もっと早くに取り締まる必要があったのでは
ないかと。

あと、記事中にあるMITというのは私は詳しく
知らないのです(知っている方はコメント宜しくです)。



以下、記事全文です。

(毎日新聞 6月14日(火)11時15分配信)
インターネット上の仮想空間を巡り、マルチ商法
で会員から約100億円を集めたとされる「ビズ
インターナショナル」(さいたま市大宮区)の事件に
絡み、埼玉県警は14日、金融商品取引業の
登録がないのに、ビズ社の会員に金融商品を
販売したとして、投資会社「MIT」(東京都港区)の
社長の宮之内誠人容疑者(53)ら3人を金融商品
取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕した。

 宮之内容疑者は、ビズ社から仮想空間の開発を
請け負っていた東京都港区のIT会社「フレパー・
ネットワークス」の社長も兼務している。県警は、
仮想空間の事業についても宮之内容疑者らの
関与を調べる方針。

 捜査関係者によると、MITは、09年春、金融商品
取引業の登録がないのに、都内の金融商品取引
会社の名義を借り、ビズ社の会員から、仮想空間内で
使用するアイテムファンドへの出資を募ったとしている。
県警によると、MITは数千人から十数億円を集めたと
みられる。

 仮想空間を巡っては、ビズ社が07年6月〜09年
10月、ネット上に三次元の仮想都市を構築し「日本
列島をそのまま再現」などのふれこみで事前会員を
募集。約2万6000人から計約100億円を集めたと
される。ビズ社はフレパー社に開発を委託したが、
仮想空間は現在も未完成のままとなっている。
【飼手勇介、田口雅士】

<仮想空間事件>3人を逮捕…金融商品無登録販売の疑い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000027-mai-soci

当ブログのビズインターナショナル関連の記事
http://blog.livedoor.jp/tmsnet/archives/cat_50036525.html

tmsnettmsnet at 14:10│コメント(0)トラックバック(0)

2010年05月28日

このブログへのコメントで初めて知った
のですが、ビズインターナショナルが
家宅捜索を受けたようです。

行政処分を受けて、かなり厳しい状況の
中で更に家宅捜索を受けるということで、
本当に厳しい状況に追い込まれているように
感じます。

I.D.R.という会社名やその代表者について
出ていないのが不思議ではありますが、
フレパーの名前は出ており、全体的な
結論が出るのも近いように感じます。

既に遅いかもしれませんがお金を取り戻し
たい人はクーリングオフを急いだ方が
いいかと思います。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100527k0000e040029000c.html?link_id=RSH05

〜以下、記事内容〜
インターネット上の仮想空間をめぐる
マルチ商法(連鎖販売取引)で、虚偽の
説明をして会員を募った疑いがあるとして、
埼玉県警は27日、IT会社「ビズインター
ナショナル」(さいたま市大宮区)と、関係先
として仮想空間のシステム開発を持ち掛けたと
される「フレパー・ネットワークス」
(東京都港区)など16カ所を特定商取引法
違反(不実告知)容疑で家宅捜索した。
会員勧誘の実態や、約2万8000人から
集めたとされる約100億円の流れを解明する。
 捜査関係者や会員によると、ビズ社らは
07年6月〜09年11月、ネット上の
仮想空間「エクシングワールド」に都市を
構築し、会員は「アバター」と呼ばれる分身と
なってネット上の土地の売買などができるとの
ふれこみで募集。説明会では「一般公開前に
先住民(会員)になれば、土地取引や広告
収入で必ずもうかる」などとうそを言って
勧誘し、販促キットと呼ばれるDVDや
架空の土地を購入させたという。
 計画では「エクシングワールド」は東京の
渋谷区、品川区、大阪市など全国の主要都市の
街並みをパソコンの画面上に三次元映像で再現。
アバターが所有地やビルを売却したり、
広告収入で通貨を増やせば、実際の「円」に
換金できると宣伝していた。ところが、09年
10月に公開された仮想空間は未完成で、
東京・銀座や大阪・ミナミなどごく一部の都市の
オープンにとどまった。さらに宣伝文句だった
「ネット上の土地取引」の機能もなく、会員は
アバターで限られた地域を歩くだけだった。
 ビズ社は05年12月設立。ビズ社の説明に
よると、フレパー社から仮想空間の計画を
持ち掛けられ、07年6月に会員の募集を開始。
同年7月に設立された別のIT業者(東京都
港区)と開発の委託契約を結んだが、この
業者はフレパー社の元社員が代表を務めている。
【町田結子、飼手勇介、平川昌範】
毎日新聞 2010年5月27日 11時13分
(最終更新 5月27日 12時42分)

〜記事、ここまで〜





tmsnettmsnet at 00:40│コメント(5)トラックバック(0)

2010年02月04日

ビズインターナショナル関連の新聞報道が
あったので紹介します。(読売、朝日など)

このブログではフレパー社とビズ社が密接な関係に
あるのでは?と書いてきましたが、フレパー社は
「問題あるマルチ商法をしている会社と知らなかった」
とコメントしています。

これについては皆様のご想像にお任せします。

ともかく、ビズ社に現金があまり残っていない
可能性があります。
クーリングオフしたいと思う方は早めに
することをお勧めします。

仮想空間での不動産勧誘、3社90億所得隠し
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100204-OYT1T00143.htm?from=navr


〜引用ここから〜
 インターネット上に開設された仮想空間での
不動産投資を勧誘するマルチ商法(連鎖販売取引)の
業者など3社が、東京国税局と関東信越国税局の
税務調査を受け、2008年までの3年間で
計約90億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。
 このマルチ業者は、虚偽説明があったとして
消費者庁から特定商取引法に基づく行政処分を
受けており、現在も仮想空間は本格稼働していない。
 所得隠しを指摘されたのは、仮想空間での
不動産投資で会員を集めた「ビズインターナショナル」
(さいたま市)と、システム開発を担当した
「I.D.R」(東京都港区)、同社下請けの
「フレパー・ネットワークス」(同)の3社。
 所得隠しの内訳は、I社が約75億円、フレパー社が
約10億円、ビズ社が約2億円。
 関係者によると、ビズ社は、07年6月〜
09年5月、全国で説明会を開催するなどして、
フレパー社とI社が開発した「エクシングワールド」と
称するネット上の仮想空間への参加を募集。
「仮想空間で不動産を先行取得すれば、転売や賃貸で
大きな収入が見込める」と説明し、会員登録の条件として
パソコン用DVDなどを約40万円で販売した。
また、新規会員を集めると1人につき2万〜1000円の
ボーナスを支払う、と説明していた。
 09年6月とされた仮想空間のスタートは
2度延期され、同年10月に公開されたという試作版は
「説明内容とは乖離(かいり)がある」(消費者庁幹部)
という。消費者庁は、ビズ社が2万人以上の会員を集め、
100億円近くを売り上げたと見ている。
 国税当局の調査で、ビズ社ではI社に支払った
業務委託料のうち対価性の低い支払いが見つかったほか、
I社では架空経費の計上などが判明したという。
 消費者庁は09年11月、会員募集の際に虚偽説明が
あったなどとして、ビズ社に6か月間の一部業務停止命令を
出し、関係先としてI社とフレパー社の社名を公表している。
 フレパー社の関係者は「ビズ社が問題のあるマルチ商法を
展開しているとは知らなかった。税務調査を受けたのは
事実だが、(所得隠しなどの)不正はない」と話している。
I社とビズ社は3日までに回答がなかった。
(2010年2月4日09時17分 読売新聞)
〜引用ここまで〜


tmsnettmsnet at 13:28│コメント(2)トラックバック(0)
ブログランキング
ネットワークビジネスを広く世間にしってもらいたい方は下記クリックをお願いします。そして、このブログが現在、何位なのか御確認下さい。
人気blogランキングへ



スポンサーリンク


業界誌を読もう

意外と買っていない人が多いですがビジネスするなら情報知る上で買った方がいいと思いますよ。ビジネスしていない私でさえ買ってます

(最新号はこちらで確認)
管理人について

名前:tmsnet
本業:パソコン関連
家族:嫁1人、子1人
趣味:パソコン、琵琶湖湖岸の散歩
星座:10月生まれてんびん座
住所:滋賀県大津市
問い合わせ:連絡フォーム

ツイッターもやっているよ
最近のコメント
被害相談関連リンク集

特定商取引に関する法律
連鎖販売(ネットワークビジネス=マルチ商法)に関する法律は第三十三条

国民生活センター
ネットワークビジネスなどで困った時の相談はこちら。

全国の消費生活センター
会って相談したい方は全国の消費生活センターへ

健康食品等の薬事法違反広告事例−京都府ホームページ
薬事法違反の範囲は以外に広いです。該当していないか確認しましょう

クーリングオフ代行
クーリングオフなどネットワーク
ビジネス解約に関する問い合わせ
に最適な行政書士事務所

借金女王
借金問題を解決したい人に読んで欲しいサイト。どんな借金でも解決できるはず。

ネットワークビジネス関連サイト

ネットワークビジネス推進連盟
業界の健全な発展を促進しようと国政レベルで活動する団体(民主党政治家が中心。政権取ってからすぐに献金問題などで休止に)


ネットワークビジネスワールド
ネットワークビジネス関連情報が豊富


月間ネットワークビジネス
業界NO1の月刊誌のサイト

株式会社エコプライム社長ブログ
楽しそうに仕事されています

その他、ネットワークビジネス頑張っている人のサイトリンク集
ネットワークビジネス頑張っている人のブログを見て刺激を受けたい方は見て下さい。また、相互リンク希望の方はご連絡下さい

アンチもしくはアンチ寄り

マルチ商法について−マルチ商法・ネットワークビジネス問題対策の広場
マルチ商法に関する相談掲示板。被害に遭った方はとりあえずここで相談すると良いかと思います。

悪徳商法マニアックス
悪徳商法全般のサイト。掲示板での議論が活発でMLMについても頻繁に出てきます。

NEW Kirinの掲示板2
健康食品や化粧品など
商品に関する知識はこちら

ネットワークビジネスリスク研究所
研究レポートがGOOD。

A-JOL関連
現在のユーワールドに対する批判ページ

腐れマルチニューウエイズが嫌い
アンチNWの方のブログ

逆アクセスランキング

アクセスランキング
訪問者

<PR>