玉井暁氏脱税刑事告発

2013年11月12日

モナヴィージャパン(Monavie Japan)、玉井暁氏について追加情報です。


所得税法違反で東京地裁に在宅起訴されたとのことです。


在宅起訴とは言え起訴が確定したわけですから、今後、実刑判決がでるかもしれません。


読売新聞の記事によると、私が前回ブログで書いた推測通りでして、自分の会社の売り上げに計上していたようです。しかも、、、なんと、赤字で計上したいたとのこと!

(前回のTV報道、新聞記事などでは収入を全く申告していなかったとありますが、、、そちらは真実ではないということになりますね)


3年で3億円近くもの収入とあったので、1年間で1億円。それ以上の経費が広告会社にかかっていたという経理処理をしていたわけでして、かなりひどい話だと思います。


申告漏れとか税金の知識不足というよりは、故意による脱税、税金逃れと国税に判断されても仕方が無いと個人的には感じます。


一般の人は自分の所得の1割以上は所得税払っているわけです。一方で、年収1億円ものトップディストリビューターが所得税を納めていないのです(法人格からの給与から一定額は出ているでしょうが微々たるものでしょう)。相互扶助の考え方で収入が多い人はより多くの税金を納めて社会貢献するのですが逆になっている。金持ちが税金払わずに贅沢三昧している。これって、普通の人はもちろんのこと、特にネットワークビジネス従事者は怒るべきところではないでしょうか?


また、ネットワークビジネスで社会貢献だなんだと綺麗ごとを言う人も多いのですが、このような事例が多いようであればトップディストリビュータでさえも全く社会貢献していないということになります。要するに業界全体で全く社会貢献していないと見られても仕方がないでしょう。


個人的にはネットワークビジネス擁護派ですが、今回の話は全く擁護できません。


一方で、法人を作って経理処理(節税対策)をするということは問題ないでしょうし、一定の必要経費は認められるはずです。全部が全部駄目ということではありません。


新聞記事を見るだけだと全てがアウトみたいに感じますがそうではないでしょう。ネットワークビジネス会社(特にモナビー)には、何が問題なのか?という情報も提示してもらいたいところですね。不安な人は最寄の税理士に相談してください。


そして、この手の話(赤字法人などを利用した脱税)はネットワークビジネス業界には多くありそうなので国税には高収入者の総点検をしてもらいたいところです。膿を出し切ってもらいたい。



以下、今回の参照記事です。

マルチ商法「カリスマ」、脱税1億超…在宅起訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00001021-yom-soci

<以下、記事全文引用>
読売新聞 11月8日(金)10時46分配信)
マルチ商法によるジュース販売で得た報酬を隠して1億円超の所得税を脱税したとして、東京地検特捜部は7日、広告会社社長の玉井暁(あきら)容疑者(45)(東京都世田谷区)を所得税法違反で東京地裁に在宅起訴した。

 起訴状などによると、マルチ商法の「モナヴィー」会員の玉井容疑者は2010〜12年、ヤシの一種「アサイー」を使ったジュースを販売したり、販売を担う会員を勧誘したりして同社から支払われた報酬など所得計約2億8000万円を全く申告せず、所得税計約1億300万円を免れたとされる。

 同容疑者は「カリスマ販売員」として知られており、自らが経営する広告会社がジュースを販売しているように装い、決算上は赤字だと申告していたという。

最終更新:11月8日(金)10時46分
<引用ここまで>




その他の記事(内容は上記と同じなのでリンクのみ)

ネットワークビジネスで1億円脱税、カリスマ会員を在宅起訴(TBS系)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20131108-00000017-jnn-soci

ネットワークビジネスで脱税=会員の社長在宅起訴―東京地検(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000155-jij-soci

<所得税法違反>広告関連会社社長を在宅起訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000080-mai-soci


tmsnettmsnet at 16:16│コメント(0)トラックバック(0)

2013年11月07日

昨日、ネットワークビジネス異業種交流会をしたのですが、その場でモナヴィージャパン(Monavie Japan)玉井暁氏の脱税関連の話を参加者に教えてもらいました。


最近、情報収集していなかったので全く知らなかった。


そこでいろいろと検索したのですが、、、。


どうも、変な感じがします。


脱税だったら追徴課税といった話が出てきそうなのですが、そういった話が記事の中に書いてありません。「2億8千万円(記事によっては2億9千万円)の収入を申告せず1億円脱税した疑いがある」と書いてあるのみ。1億円もの脱税であれば追徴課税分だけでも相当な金額になると思いますがそういった話がありません。


しかも玉井暁氏のコメントが「税務に関する知識不足によるもので既に修正申告した」とのこと。簡単に修正できる金額ではないと思うのです。一体、どうなっているのだろう?


そして、記事を見る限りでは、税金の知識が無かったから3億近くもの収入を申告せず、1億円を全く納めていなかったように受け止められます。これほどの収入があったにもかかわらず、税理士を使っていなかった?


とにかく変な話ですよね。故意性がなかったように見せるためのコメントだと思いますが、会社経営するぐらいの人が税金の知識が無くてまるまる申告しなかったというのはにわかに信じがたい。


ここで勝手な予想ですが、玉井暁氏は広告会社を経営していたとのことで、そちらの方に利益計上したのではないか?ということです。


会社が赤字であればその分、利益相殺されて納める税金は少なくなるという図式にしようとしたところ、「全く違う事業なので認められない」という税務署の見解が出たのでは?


だから、「モナヴィージャパン(Monavie Japan)で稼いだお金は単独で申告しなさいね!」という話なのかもしれません。要するに一定の納税はしていたけど更なる納税を求められたという話かも。


とは言え、それならば会社側で雇っている税理士への責任追及の話が出てきてもおかしなくないし、、、。無理な想像かも。


とにかく、この辺りは勝手な想像なので何とも言えません、、、。


ただ言えることはマスコミ報道があまりにも情報が少なくて内容が不明確ということ。もう少し情報収集して欲しいかな?そして、隠した所得で「高級外車の購入費や海外旅行代などに充てていた」みたいに遊びに使ったような書き方してるけど、それって一定割合で必要経費になるよねぇ。何だか悪意がある書き方で困ったものです。


その一方で、一番気になるのは刑事告発されているということです。刑事告発されるケースというのは「かなり悪質な脱税」と税務署に判断されているのでしょうから、一般の脱税よりも厳しい見方を税務署がしているとも考えられます。


最悪の場合は実刑になることもあります。


モナヴィージャパン(Monavie Japan)の会員さんから聞いた感じでは比較的楽観的に捕らえている人もいるようですが(個人の問題だとか、良く思っていない人からのリークだとか)、そういったレベルではないと思います。


そして、会社側のモナヴィージャパン(Monavie Japan)にはきっちりと内容を把握して発表してもらいたいものです。そうしないと他の会員に示しがつかないのでは?「


また、モナヴィージャパン(Monavie Japan)に限らず、この業界は全体的に納税に対するモラルが低い。知識も無い人が多い。会社側はきちんと教育しようともしない(もしくは教育しているつもりだけ)。


これまでにもこのブログで書いていますが、このような状態では、レベルの低いビジネスと言わざる得ない。


業界団体を作って、ネットワークビジネス会社には源泉徴収を義務付けるぐらいのこと指導した方がよいのではないか?と個人的には思います。

(税金の専門家ではないのでおかしなことを書いてあるかもしれませんが御了承ください)



参考記事
商品紹介の「ネットワークビジネス」で脱税1億 会社社長を告発 東京国税局(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131101/crm13110113190005-n1.htm

<記事全文引用>
商品を他者に紹介するなどして報酬を得られる「ネットワークビジネス」による所得を申告せず、約1億円を脱税したとして東京国税局が所得税法違反罪で、広告関連会社(東京都世田谷区)の玉井暁(あきら)社長(45)を東京地検に刑事告発していたことが1日、関係者への取材で分かった。玉井社長は経営する会社とは別に、米国に本社を置くジュースなどの健康食品製造・販売会社の日本法人会員として登録。会員でトップの売り上げだったという。

 関係者によると、玉井社長は平成22〜24年、売り上げに応じて同社から支払われた報奨金など約2億9千万円を一切申告せず、所得税約1億円を脱税した疑いが持たれている。隠した所得は高級外車の購入費や海外旅行代などに充てていた。玉井社長は、弁護人を通じ「指摘を真摯(しんし)に受け止め、修正申告を済ませた。税務に関する知識不足が招いたことであり、今後は適正な納税に努める」とコメントした。

 同社によると、会員が販売するのはジュースや栄養食品など。製品の購入額と売却額の差額が会員の利益となるほか、自らが勧誘した会員で構成される「チーム」の販売実績に応じ報奨金が支払われる。売り上げによって会員はランク分けされ、上位ランクの会員にはボーナスも付与される。

 関係者によると、玉井社長は平成20年12月ごろ、同社に会員登録。1年に数百回のセミナーを開催、会員数を増やしてきた。同社の担当者は「玉井氏から税務申告の問題に関する報告は受けたが詳細を把握しておらず、社員でもないため、コメントは控える」と話している。
<引用ここまで>

その他の記事(だいたい同じ内容なのでリンクのみで引用無し)
健康飲料マルチ商法  「アサイー」収入脱税容疑(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013110102000230.html

ネットワーク販売で1億円脱税=トップ会員告発—東京国税局(ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://jp.wsj.com/article/JJ11259162320726313385518194005883907582008.html

マルチ商法の報酬 脱税容疑で告発(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131101/k10015734781000.html



tmsnettmsnet at 04:10│コメント(1)トラックバック(0)
ブログランキング
ネットワークビジネスを広く世間にしってもらいたい方は下記クリックをお願いします。そして、このブログが現在、何位なのか御確認下さい。
人気blogランキングへ



スポンサーリンク


業界誌を読もう

意外と買っていない人が多いですがビジネスするなら情報知る上で買った方がいいと思いますよ。ビジネスしていない私でさえ買ってます

(最新号はこちらで確認)
管理人について

名前:tmsnet
本業:パソコン関連
家族:嫁1人、子1人
趣味:パソコン、琵琶湖湖岸の散歩
星座:10月生まれてんびん座
住所:滋賀県大津市
問い合わせ:連絡フォーム

ツイッターもやっているよ
最近のコメント
被害相談関連リンク集

特定商取引に関する法律
連鎖販売(ネットワークビジネス=マルチ商法)に関する法律は第三十三条

国民生活センター
ネットワークビジネスなどで困った時の相談はこちら。

全国の消費生活センター
会って相談したい方は全国の消費生活センターへ

健康食品等の薬事法違反広告事例−京都府ホームページ
薬事法違反の範囲は以外に広いです。該当していないか確認しましょう

クーリングオフ代行
クーリングオフなどネットワーク
ビジネス解約に関する問い合わせ
に最適な行政書士事務所

借金女王
借金問題を解決したい人に読んで欲しいサイト。どんな借金でも解決できるはず。

ネットワークビジネス関連サイト

ネットワークビジネス推進連盟
業界の健全な発展を促進しようと国政レベルで活動する団体(民主党政治家が中心。政権取ってからすぐに献金問題などで休止に)


ネットワークビジネスワールド
ネットワークビジネス関連情報が豊富


月間ネットワークビジネス
業界NO1の月刊誌のサイト

株式会社エコプライム社長ブログ
楽しそうに仕事されています

その他、ネットワークビジネス頑張っている人のサイトリンク集
ネットワークビジネス頑張っている人のブログを見て刺激を受けたい方は見て下さい。また、相互リンク希望の方はご連絡下さい

アンチもしくはアンチ寄り

マルチ商法について−マルチ商法・ネットワークビジネス問題対策の広場
マルチ商法に関する相談掲示板。被害に遭った方はとりあえずここで相談すると良いかと思います。

悪徳商法マニアックス
悪徳商法全般のサイト。掲示板での議論が活発でMLMについても頻繁に出てきます。

NEW Kirinの掲示板2
健康食品や化粧品など
商品に関する知識はこちら

ネットワークビジネスリスク研究所
研究レポートがGOOD。

A-JOL関連
現在のユーワールドに対する批判ページ

腐れマルチニューウエイズが嫌い
アンチNWの方のブログ

逆アクセスランキング

アクセスランキング
訪問者

<PR>